トップ >葬儀の手帖 >追悼ミサ・記念集会

葬儀の手帖

キリスト教式

追悼ミサ・記念集会

カトリックでは、亡くなってから3日目・7日目・30日目・1年目に追悼ミサを行い、それ以降は所属する教会により異なります。

プロテスタントでは、亡くなってから7日目・10日目・30日目・1年目・3年目に記念集会が行われ、7年後は昇天記念日を行います。

埋葬はお墓があれば30日目の追悼ミサ・記念集会に合わせ、埋葬します。

カトリック:追悼ミサの準備

1.日程を決める

最初に追悼ミサの日程を決めましょう。

2.追悼ミサの規模を決める
  • 場所は教会で行います。3日目・7日目は遺族中心で行い、1年目は親族、知人、友人を招き、盛大に行うのが一般的です。
  • 寄付
3.案内状を出す

お招きする人が決まったら、できるだけ早く案内状を出します。

プロテスタント:記念集会の準備

1.日程を決める

最初に記念集会の日程を決めましょう。

2.追悼ミサの規模を決める
  • 場所は教会で行います。7日目・10日目・3年目・7年目は遺族中心で行い、1ヶ月目・1年目は親族、知人を自宅か教会に招き、盛大に行うのが一般的です。
  • 寄付
3.案内状を出す

お招きする人が決まったら、できるだけ早く案内状を出します。